東京グルメ時々ファッション

TOKYO GOURMET SOMETIMES FASHION 美味しいものとオシャレと遊びが大好きなオヤジです


世界中の富を独占する大富豪達

少し前に話題となった話に
世界中の富の半分を、62人の大富豪が持っている。

という驚愕の話。









ほんの一部ですが2016年富豪ベスト40

2016年世界の富豪ランキング

コンピュータ関係だとマクロソフトのビルゲイツに始まり、
Google、facebook、dell、オラクル、と意外に少ない。
ファッションは
Zara、ロレアル、LVMH、ナイキ、H&M、
小売り
アマゾン、ウォルマート、アリババ、
投資家
ウォーレンバフェット、ジョージソロス、ブルームバーグ
とよく聞く名前が並びます。

しかしよく見ると40人中過半数の22人がアメリカ人です。
トランプが言う通りにアメリカの富を海外が奪っているのならこんなにアメリカ人ばかりが上位を独占するのはおかしくありませんか。

各国の所得税率毎にどれくらいの割合の人が課税されているかを表したグラフです。

各国の所得税率支払率

課税所得が違うため多少のバラツキはありますが、そう大きな違いはありません。
あまり累進率を大きくすると富裕層のやる気を削いで税率の低いタックスヘイブンに引っ越されてしまいます。

それを補完する意味で、贈与税や相続税があるのですが、けっこう国によってバラツキが大きいことになっています。

相続税率

日本、フランス、イギリスは、ほぼ同じような税率だが、ドイツだけ若干安い。
問題はアメリカです。
13億円(1,000万$)まではほぼ無税。
それを越えても、10%にも届かない低率です。
これでは、富豪の子供は生まれながらの富豪で、その富はほとんど再配分されることなく、引き継がれます。
それだからこそ、資産が数兆円という富豪が生まれるわけです。

日本の税制では、三代相続すると、どんな金持ちでも相続税を払わなくてもいいまで没落します。
だから、金持ちはリタイアすると、せっせと子供や孫に贈与をして相続税を減らす努力をしています。
そんなの焼き石に水だろうと思われるかもしれませんが、

贈与税には年間110万円まで非課税の枠があります。
200万円までの税率は10% なので
一人年間310万円贈与しても贈与税は20万円です。
たとえば、妻と子供2人の家族に310万円を10年間贈与すれば
310万円×3人×10年間=9,300万円を
20万円×3人×10年間=600万円で贈与することができます。


相続額が1億円を越えると税率は40%を越えます。
それが7% 程度の税率で相続税を無税にできます。
ただそれには現金が必要ですが

きちんと、相続税で富裕層の富を再配分していれば、アメリカ人がこんなに貧しくなることはないのですが、だれも不都合な真実をバラされたくないため、指摘しないのでしょう。

むしろ、日本人こそリタイアーしたら、ハワイにでも移住して悠々自適に暮らせば、亡くなった時にアメリカの相続税が適用されメリットが大きいかもしれません。

参考になったと思ったら
右下の拍手のクリックをお願いします ↓
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/02/15(水) 00:00:03|
  2. 経済・投資・統計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2017年 2月分 出店・閉店・移転(前半分) | BLOG TOP | カリフォルニアのダムが崩壊寸前で19万人避難>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 


trackback

プロフィール

おしゃれ番長

Author:おしゃれ番長
オシャレ番長のブログへようこそ!

ご覧になるには、画像を ↓ クリック
画像の名前 

関連記事の検索は右上のブログ内検索をご利用下さい。 検索エンジンで『有名人のお宅訪問』と打っても2件程度しか表示されません。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (3)
グルメ (634)
出店・閉店・移転 (70)
和食 (149)
鮨 (16)
イタリアン (9)
フレンチ (21)
無国籍・各国料理・洋食 (24)
中国料理・ラーメン (54)
カレー (39)
鉄板焼 (21)
カフェ・Bar (41)
スイーツ・パン・フルーツ (26)
湘南・横浜のレストランや遊び (12)
ミシュラン関連 (25)
食品偽装問題 (19)
大人の社会科見学 (48)
雑談 (518)
ファッション (90)
おもしろ動画 (191)
遊び (46)
グッズ (28)
車 (48)
経済・投資・統計 (122)
季節ネタ (86)
芸能ネタ (291)
中国・韓国関連 (141)
ブログ (51)

月別アーカイブ

メールフォーム

ブログへの各種ご質問、閉店の情報などを受け付けています。 ご遠慮なく、お問い合わせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

送信ができなかった場合、直接 loveletter@excite.co.jp へメールください。

最新トラックバック

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR


FC2Ad


PAGE
TOP