東京グルメ時々ファッション

TOKYO GOURMET SOMETIMES FASHION 美味しいものとオシャレと遊びが大好きなオヤジです


なぜ政治家は天皇の生前退位に反対なのか

天皇が生前退位の意向を表明して1年近く経つが、有識者会議の出す答申は現天皇1代限りの特別ということで、法制化には消極的です。
先延ばしという形で無視を貫こうとしています。
これは、天皇が考えていることとは著しく乖離しており、宮内庁を通して不満を漏らしていると言われています。








なぜこのようなことがおきるかというと、政治家と天皇の役割の違いがあるためだと私は考えています。

政治家は国益を第一に考える集団です。
国益を守るためには、国民に多少の犠牲が出ることもいとわないのです。
だから、領土が侵略されそうになると国民に犠牲が出ても戦争をして守ろうとします。

天皇陛下

それに対して、象徴天皇が心がけていることは、
①国民の幸せ、安寧
大きな災害の被災者を慰問。戦没者の慰霊。
②海外の国との友好関係
いわゆる皇室外交で、親交を深めると共に、激戦地に赴くことで戦死者の慰霊と謝罪の気持ちを暗に表す役目もあります。
ただ、いまだに行幸ができていない国が二つあります。
台湾と韓国。台湾は国交が無く、中国政府が許可をしないのでしょう。
韓国は、訪問できるような世論ができていないので将来も難しいとと思います。

これだけ、有意義な活動をしているのに国会議員は天皇を国家公務員の一部程度にしか思っていません。
国が養っているのだから、政府が言う通りに動いていればいいというのが本音です。

それが良くわかる出来事は、民主党政権時代におきたトラブル。
当時中国共産党の政治局員に過ぎなかった習近平。
次期国家主席に内定していて、日本を訪問した時のこと。
天皇陛下は癌手術をしたばかりで、接見には1ヶ月以上前に予定を示して調整することが宮内庁から通達されていました。
にもかかわらず、実力者であった小沢一郎は、中国から希望があったといい、2週間前に突如予定を申し入れた。
当然、宮内庁は断りを入れたが、小沢は『天皇は政府の指示通りに動いていればいい』とゴリ押しした。
このことがあって、小沢一郎は右翼から目を付けられて、街宣車が小沢邸の前を通ろうとするようになった。
街宣車が突入できないよう、鋼板製の門と可動式バリケードでブロックしています。
小沢一郎邸

戦前から政治家は天皇の地位を政治利用してきました。
そのためには、天皇が自らの行動を考えるのでは無く、何も考えずに政治家のいいなりに行動して欲しいと思っています。
つまり、年老いて、動くだけで一杯一杯の天皇の方が御しやすいので、生前退位せずに死ぬまで働いて欲しいという本音が今回も出たのでしょう。

天皇陛下は今回の決定に、自分の考え方が否定されたとかなりご立腹のようです。

世論が今後も生前退位を推し進めるよう声を大にして訴え続ける必要があります。

共感できると思ったら
右下の拍手のクリックをお願いします ↓
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/05/29(月) 00:00:03|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<合コン女子必見の動画 | BLOG TOP | スペシャルビーフカレー @ 三宿 ビストロ喜楽亭>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 


trackback

プロフィール

おしゃれ番長

Author:おしゃれ番長
オシャレ番長のブログへようこそ!

ご覧になるには、画像を ↓ クリック
画像の名前 

関連記事の検索は右上のブログ内検索をご利用下さい。 検索エンジンで『有名人のお宅訪問』と打っても2件程度しか表示されません。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (2)
グルメ (584)
出店・閉店・移転 (62)
和食 (141)
鮨 (14)
イタリアン (9)
フレンチ (20)
無国籍・各国料理・洋食 (22)
中国料理・ラーメン (47)
カレー (37)
鉄板焼 (18)
カフェ・Bar (38)
スイーツ・パン・フルーツ (23)
湘南・横浜のレストランや遊び (12)
ミシュラン関連 (25)
食品偽装問題 (17)
大人の社会科見学 (44)
雑談 (457)
ファッション (84)
おもしろ動画 (162)
遊び (42)
グッズ (25)
車 (43)
経済・投資・統計 (114)
季節ネタ (85)
芸能ネタ (266)
中国・韓国関連 (125)
ブログ (44)

月別アーカイブ

メールフォーム

ブログへの各種ご質問、閉店の情報などを受け付けています。 ご遠慮なく、お問い合わせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

送信ができなかった場合、直接 loveletter@excite.co.jp へメールください。

最新トラックバック

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR


FC2Ad


PAGE
TOP