東京グルメ時々ファッション

TOKYO GOURMET SOMETIMES FASHION 美味しいものとオシャレと遊びが大好きなオヤジです


地球温暖化の最前線

シベリアのツンドラといえば、永久凍土で覆われた寒冷地域。
バクテリアですら活きていけないため、何万年経ったマンモスでさえ腐敗せずに掘り出されることがあります。
そんな地域でおきている異変とは

地球温暖化 永久凍土









ロシア東北部に位置するサハ共和国の首都・ヤクーツクからさらに東北の方角に660kmほど離れた場所に、Batagaika crater(バタガイカ・クレーター)と呼ばれ、最も長い場所では1kmにも及ぶ大きさのクレーターで、深いところでは86メートルも陥没しています。



このクレーターが生まれるきっかけになったのは、1960年代に行われた周辺地域の大規模な伐採だった。
それまでは木々に覆われて日陰になっていた土壌が太陽光にさらされるようになり、特に気温が上がる夏の時期に凍っていた地面の溶解が起こるようになり、表面の流出が始まったとのこと。
2008年には大規模な洪水が発生したことで崩壊は拡大し、現在でも規模は拡大の一途をたどっているそうです。

永久凍土の中には、温室効果ガスである多量の二酸化炭素やメタンガスが閉じ込まれていた。
これらが放出されたことで地球温暖化が進み、気温が上昇して、さらに永久凍土が溶解するという負のスパイラルがおきている。

永久凍土に建てられた家は基礎が溶けて次々に倒壊を始めた。

永久凍土倒壊

それが、良くわかる動画がこれ、
Underground methane bubbles


一見草地のような地面を足で踏むと、ゴムまりのように弾みます。
凍土の溶解で排出したメタンガスがバブル状になって、表面に貯まっているという説明が付いています。

トランプ大統領は、地球温暖化などフェイクニュースだと言ってますが、これもフェイクだと主張するのでしょうか。

興味深いと思ったら
右下の拍手のクリックをお願いします ↓
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/03/11(土) 00:00:03|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<南アフリカで目撃された巨大霊魂の正体 | BLOG TOP | スーパー浮世絵 江戸の秘密展>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 


trackback

プロフィール

おしゃれ番長

Author:おしゃれ番長
オシャレ番長のブログへようこそ!

ご覧になるには、画像を ↓ クリック
画像の名前 

関連記事の検索は右上のブログ内検索をご利用下さい。 検索エンジンで『有名人のお宅訪問』と打っても2件程度しか表示されません。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (2)
グルメ (599)
出店・閉店・移転 (64)
和食 (142)
鮨 (14)
イタリアン (9)
フレンチ (21)
無国籍・各国料理・洋食 (22)
中国料理・ラーメン (50)
カレー (37)
鉄板焼 (19)
カフェ・Bar (39)
スイーツ・パン・フルーツ (24)
湘南・横浜のレストランや遊び (12)
ミシュラン関連 (25)
食品偽装問題 (18)
大人の社会科見学 (44)
雑談 (476)
ファッション (85)
おもしろ動画 (166)
遊び (45)
グッズ (25)
車 (43)
経済・投資・統計 (114)
季節ネタ (85)
芸能ネタ (273)
中国・韓国関連 (127)
ブログ (47)

月別アーカイブ

メールフォーム

ブログへの各種ご質問、閉店の情報などを受け付けています。 ご遠慮なく、お問い合わせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

送信ができなかった場合、直接 loveletter@excite.co.jp へメールください。

最新トラックバック

« 2017 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR


FC2Ad


PAGE
TOP