東京グルメ時々ファッション

TOKYO GOURMET SOMETIMES FASHION 美味しいものとオシャレと遊びが大好きなオヤジです


超危険な実験

ペットボトルに入ったコーラに液体窒素を入れて、逆さまにすると起こる驚きの現象。

液体窒素ロケット








ロシア人の男が保護メガネにアクリル板付きのヘルメットで防御してまで行う、危険な実験。

半分飲んだコカコーラのペットボトル。
魔法瓶の中から注いでいるのは、液体窒素。
ペットボトルに液体窒素を注ぎ込んで、逆さまにすると、猛烈な勢いでコーラを噴射して飛んでいきます。
予想を超えるスピードに大男のロシア人も腰を抜かします。
Don't Mix Coke with Liquid Nitrogen!


中身を水に変えても、結果は変わりません。
コーラと液体窒素が混じって、体積が急膨張した液体窒素を噴射してロケットのように飛び去ったことは誰の目にも明らかです。

ここで疑問なことがあります。
■ 何で、液体窒素を注いだ時に噴射が起きず、ひっくり返したら噴射したのか。

-196℃の液体窒素と水の温度差は200℃以上あります。注いだとたんに、水蒸気爆発が起きても不思議ではありません。

たとえば、ガンガンに熱したフライパンに水を注ぐと、水は丸い水滴状になって、コロコロフライパンの上を転がります。
接触面で水が蒸発して、浮き上がっているからです。

これと同じことが、コーラ(水)と液体窒素の境目で起きていたと考えられます。
接触面で蒸発した液体窒素で、浮いていたと考えられます。
そのため、注いだだけではコーラ(水)と液体窒素混ざらずに爆発が起きなかった。

ペットボトルを逆さまにしたことで、接触面が増えて爆発的な膨張が始まったのでしょう。

実はコカコーラを使ったことにも、意味があります。
炭酸飲料用のペットボトルは、お茶やコーヒー用のペットボトルよりも高い強度に耐えうるようにできています。
もし仮に、普通のペットボトルで同じ実験をしていたら、噴射の圧力に耐えきれずに、飛び立つ前に爆発していたでしょう。

面白いと思ったら
右下の拍手のクリックをお願いします ↓
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/12/06(火) 00:00:01|
  2. おもしろ動画
  3. | トラックバック:0

trackback

プロフィール

おしゃれ番長

Author:おしゃれ番長
オシャレ番長のブログへようこそ!

ご覧になるには、画像を ↓ クリック
画像の名前 

関連記事の検索は右上のブログ内検索をご利用下さい。 検索エンジンで『有名人のお宅訪問』と打っても2件程度しか表示されません。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (3)
グルメ (611)
出店・閉店・移転 (66)
和食 (143)
鮨 (15)
イタリアン (9)
フレンチ (21)
無国籍・各国料理・洋食 (22)
中国料理・ラーメン (52)
カレー (38)
鉄板焼 (19)
カフェ・Bar (41)
スイーツ・パン・フルーツ (26)
湘南・横浜のレストランや遊び (12)
ミシュラン関連 (25)
食品偽装問題 (18)
大人の社会科見学 (44)
雑談 (486)
ファッション (85)
おもしろ動画 (174)
遊び (45)
グッズ (27)
車 (44)
経済・投資・統計 (115)
季節ネタ (86)
芸能ネタ (280)
中国・韓国関連 (132)
ブログ (49)

月別アーカイブ

メールフォーム

ブログへの各種ご質問、閉店の情報などを受け付けています。 ご遠慮なく、お問い合わせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

送信ができなかった場合、直接 loveletter@excite.co.jp へメールください。

最新トラックバック

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR


FC2Ad


PAGE
TOP