東京グルメ時々ファッション

TOKYO GOURMET SOMETIMES FASHION 美味しいものとオシャレと遊びが大好きなオヤジです


鰻が食べられなくなる日が現実味を帯びる

南アフリカで始まったワシントン条約の締約国会議では25日、EU(ヨーロッパ連合)が「ウナギの国際取引をめぐって不透明な部分があって乱獲なども招いている」としてその実態調査を提案し、全会一致で採択されました。

もしも、シラスウナギが規制の対象になれば鰻は事実上、ほぼ取引が無くなる。









日本の鰻は大半が中国から輸入したシラスウナギを国内の養鰻業者が肥育したものを使っています。
鰻にはヨーロッパ鰻と日本鰻の二種類があります。

香港の商社経由で輸入しているのはヨーロッパ鰻の稚魚です。
画像の名前

ただでさえ、海洋汚染でシラスが捕れるようなきれいな海岸なんて中国にはありません。
ましては、ヨーロッパ鰻が中国に来るはずもありません。

中国側の説明では、規制前にヨーロッパから大量に輸入したシラスのストックがあると言っているが、完全養殖技術が無い中国でシラスを生かしておく技術などあるはずもない。

毎年ヨーロッパなどで捕獲されたシラスが密輸されていることが間違いない。

ワシントン条約会議は、不明朗な取引を問題視しており、それが改善されなければ、国際取引禁止を3年後の次回会議で提案する構えだ。

とはいえ、鰻を輸入するのはほとんどが日本なので、不明朗な取引を実際に行っている日本の問題でもある。

今後日本ができる対策は

①不明朗な密輸をしている国と取引を行わない。
②鰻の完全養殖でコストダウンを目指す。
③代用魚に移行する。

近いうちに、鰻丼が1万円なんて時代が来る可能性は高い。
うな重

【出典元】
ワシントン条約会議 ウナギの国際取引 実態調査へ

興味深いと思ったら
右下の拍手のクリックをお願いします ↓
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/09/27(火) 00:00:03|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<メキシコの教会でおきた奇跡 | BLOG TOP | 何これ、と思わず二度見したもの>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 


trackback

プロフィール

おしゃれ番長

Author:おしゃれ番長
オシャレ番長のブログへようこそ!

コメントを投稿される方は、下の投稿ルールをお読みになってから、お書き下さい。
コメント投稿ルールを変更します

ご覧になるには、画像を ↓ クリック
画像の名前 

埋め込まれた、Twitter,Instagramの記事は、日付をクリックすることで、出典元のサイトに飛ぶことができ、コメントを読んだりできます。
埋め込んだ動画は、左上のタイトルか右下のYouTubeロゴをクリックすると、動画サイトで大画面を見られます。
関連記事の検索は右上のブログ内検索をご利用下さい。 検索エンジンで『有名人のお宅訪問』と打っても2件程度しか表示されません。
プロフィールから削除した写真のまとめ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (2)
グルメ (569)
出店・閉店・移転 (60)
和食 (139)
鮨 (14)
イタリアン (9)
フレンチ (20)
無国籍・各国料理・洋食 (20)
中国料理・ラーメン (44)
カレー (36)
鉄板焼 (18)
カフェ・Bar (37)
スイーツ・パン・フルーツ (22)
湘南・横浜のレストランや遊び (11)
ミシュラン関連 (25)
食品偽装問題 (17)
大人の社会科見学 (43)
雑談 (439)
ファッション (83)
おもしろ動画 (151)
遊び (42)
グッズ (24)
車 (43)
経済・投資・統計 (110)
季節ネタ (86)
芸能ネタ (262)
中国・韓国関連 (120)
ブログ (44)

月別アーカイブ

メールフォーム

ブログへの各種ご質問、閉店の情報などを受け付けています。 ご遠慮なく、お問い合わせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

送信ができなかった場合、直接 loveletter@excite.co.jp へメールください。

最新トラックバック

« 2017 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR


FC2Ad


PAGE
TOP